Question7
血友病性関節症があっても運動はできますか?

2022.08.17

監修

東京大学医科学研究所付属病院 関節外科 診療科長 竹谷 英之 先生

血友病性関節症があっても運動はできますか?

筋肉は、からだを守る“プロテクター”の役割をします。この筋肉のプロテクターがあると、関節の負担が減って関節内出血の抑制につながるほか、転倒のリスクを回避しやすくなります。血友病性関節症の方でも、筋肉の重要性に変わりはありません。

ただし、実際にスポーツを始める際には、ご自身の関節の状態を知ったうえで行うことが重要です。医師と相談して、どのような出血予防管理が必要になるのか指導を受けてください。また、その時点でX 線検査による関節チェックをお願いするとよいでしょう。その後の画像と見比べることができるため、スポーツによって関節の変化があったのか確認することができます。

スポーツのリスク分類:米国血友病財団

説明イラスト:スポーツのリスク分類:米国血友病財団

National Hemophilia Foundation(NHF): Playing it Safe
Bleeding Disorders, Sports and Exercise(2017)

TOPへ戻る