ページタイトル

ヘムライブラとは

2022.02.01

監修

奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長 嶋 緑倫 先生

嶋 緑倫 先生

ヘムライブラは、抗体医薬品です。

  • 「抗体」は、からだの中にある免疫グロブリンというタンパク質です。体内に侵入した病原体などの異物(抗原)に結合します。ひとつの抗体は特定の抗原とのみ結合します。
  • 「抗体医薬品」とは、抗体が特定の物質と結合するという性質を応用した医薬品です。
  • 抗体は「Y」の字の形をしていて、「Y」の字の先端の2ヵ所で特定の抗原と結合します。通常の抗体は左右が同じ抗原と結合します。
  • ヘムライブラはバイスペシフィック抗体と呼ばれ、左右で異なる抗原と結合するように改変された抗体医薬品です。
  • ヘムライブラは、日本国内でつくられた医薬品です。
イメージ図:通常の抗体の構造/バイスペシフィック抗体

井川 智之:YAKUGAKU ZASSHI 137(7):831-6, 2017

北沢 剛久, 嶋 緑倫:生化学 89(3):325-32, 2017

(本論文の著者に中外製薬の社員を含みます)

第VIII因子の代わりに働くことで止血を進めます。

  • ヘムライブラは、「Y」の字の先端の2ヵ所のうち、一方で活性型第IX因子に、もう一方で第X因子に結合します。
  • その結果、血液凝固第VIII因子の代わりとなって働きます。
  • ヘムライブラは第VIII因子と似た働きをしますが、第VIII因子と異なる構造を持つので、第VIII因子に対するインヒビターを生じさせないと考えられています。また、ヘムライブラは、第VIII因子に対するインヒビターを持つ場合にも効果を示します。

人によっては「免疫」というからだを守るしくみによって、注射された凝固因子を異物(抗原)とみなし、「インヒビター(抗体)」とよばれる異物を取り除くタンパク質がつくられてしまうことがあります(インヒビターは一度発生しても自然に消失することがあります。また、治療を行うことで消失する場合があります)。

第VIII因子の働きとヘムライブラが作用するしくみ(イメージ図)
イメージ図:第VIII因子の働きとヘムライブラが作用するしくみ
TOPへ戻る