ページタイトル

ヘムライブラの保管と持ち運び

2022.02.01

監修

荻窪病院 血液凝固科 臨床心理士 小島 賢一 先生

小島 賢一 先生
  • ヘムライブラは外箱のまま凍結を避けて冷蔵庫など(2~8℃)で保管してください。
  • やむを得ず室温(30℃以下)で持ち運んだ場合は、なるべく早く冷蔵庫に保管し、室温保存期間として合計7日以内に使用してください。
  • 持ち運びにあたっては、保冷剤を入れた保冷バッグを使用してください。

ヘムライブラを持ち運ぶ準備

  • 保冷バッグに入れる保冷剤を冷凍庫で、あらかじめ凍らせておいてください(約7〜8時間以上かけて凍らせてください)。
  • ヘムライブラを受け取る日は、保冷バッグに保冷剤をセットして持参してください。

ヘムライブラを持ち運ぶとき

  • ヘムライブラは保冷剤の入った保冷バッグに、外箱のまま入れて持ち運んでください。
  • 保冷バッグで持ち運べる時間は5時間が目安です。
  • 高温になるような場所や日当たりの良い場所には置かないようにしてください。
図:ヘムライブラ®皮下注ハンドブック

保冷剤と保冷ボックスのご使用方法はこちらからご確認ください。

ダウンロードする(PDFで開きます)

ヘムライブラの保管方法

  • ヘムライブラは冷蔵庫で、外箱のまま保管してください。
  • ヘムライブラは、冷凍庫で保管しないでください。
  • ヘムライブラは冷蔵庫で保管されることをご家族にも伝えておいてください。
  • 小さなお子様の手に触れないようご注意ください。
図:ヘムライブラ®皮下注ハンドブック
TOPへ戻る