ページタイトル

おすすめのスポーツ

2018.05.22

監修

東京大学医科学研究所付属病院 関節外科 診療科長 竹谷 英之 先生

竹谷 英之 先生

人と激しく接触するような出血リスクが高いものでない限り、
基本的にやってはいけないスポーツというのはありません。
一方で、ウオーキングや水泳は、みなさんにお勧めできるスポーツです。

運動の強度や接触の有無、からだにかかる負担などは種目によって異なります。このため、米国血友病財団(NHF)では、ケガをするリスクを考慮してスポーツの種目を「低リスク(レベル1)」「低~中リスク(レベル1.5)」「中リスク(レベル2)」「中~高リスク(レベル2.5)」「高リスク(レベル3)」の5段階に分類し、血友病などの出血性疾患がある方にはレベル1~2のものを推奨しています【表2】(別ウインドウで開きます)。からだにかかる負担がスポーツによって異なるのと同様に、血友病の重症度や関節の可動域は人によって異なりますし、種目に対する好みや得手不得手も人によって分かれるでしょう。したがって、チャレンジしてみたいスポーツがたとえレベル2.5以上のものであっても、あきらめる必要はないと思います。私は、基本的にやってみたいと言うものは、それがよほど人と激しく接触する危険なものでない限り、きちんとした止血管理がなされていれば、どのような種目であっても『ご自身のからだと相談しながらトライしてみてください』と背中を押すようにしています。

また、自宅にこもりがちになっている方には、『気分転換に家の周りを散歩してみませんか?』『通院時には、駅から病院まではタクシーではなく、ウオーキングにしてみませんか?』とお勧めすることもあります。ウオーキング、すなわち「歩くこと」は、人間にとって大事な基本能力です。ウオーキングならば、生活に即しており、特別な道具も必要としないので、手軽に始められると思います。また、ウオーキングと同様に、水泳も関節への負荷が少ないのでお勧めです。

まずはご自身でやってみたいと思うスポーツにチャレンジしてみてください。やっているうちに、楽しくなり、例えば水泳であれば、「以前より長い距離が泳げるようになった」ということが自信につながり、継続する励みになってくると思います。

【表2】米国血友病財団(NHF)でのリスク分類

詳しくは、こちら(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

National Hemophilia Foundation(NHF):Playing it Safe Bleeding Disorders, Sports and
Exerciseより一部改変
https://www.hemophilia.org/sites/default/files/document/files/Playing-It-Safe.pdf
(外部サイトに移動し、PDFで開きます)

2022年2月18日現在の情報です

TOPへ戻る

外部サイトに移動します。

リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

はい

いいえ